個人再生とは?

個人再生は借金100万円以下でもできる?【いくらから可能?】

個人再生100万円

個人再生を利用して借金を減額する人は多いです。

個人再生は自己破産のように借金が全額免除されるわけではないですが、最大で借金を10分の1まで減らすことができるという非常に強力な債務整理方法です。

そのため自己破産以外の債務整理方法なら一番借金の減額幅が大きいです。これだけ優秀な債務整理方法なので、借金が100万円以下で返済できなくなってしまったため債務整理を利用したいと考えている方の中には個人再生の利用を考えている方もいると思います。

ただ結論を言ってしまうと、借金が100万円以下ということなら、個人再生の利用は難しいと思ったほうがいいです。理由は最低弁済額が100万円なので、100万円で個人再生を利用しても借金を減額成果を得ることが難しいためです。

また個人再生は依頼費用が高いので、100万円以下の借金で利用すると、依頼費用の負担が重く感じると思います。そのため基本的に100万円以下で個人再生を利用することはおすすめできないです。

下記で具体的な最低弁済額についてまとめているので参考にしてください。

個人再生の最低弁済額を確認しよう!

借金総額 返済が必要な金額
100万円未満の場合 借金総額
100万円以上500万円以下の場合 100万円
500万円超1500万円以下の場合 借金の5分の1
1500万円超3000万円以下の場合 300万円
3000万円超5000万円以下の場合 借金の10分の1
5000万円超の場合 債務整理できない

個人再生の最低弁済額は上記のようになります。

最低弁済額は個人再生の借金減額幅の基準になるので上記の表が参考になると思います。表を見てもわかると思いますが、借金が100万円に満たないようなだと、借金の減額成果を得ることはできないです。個人再生の最低弁済額は100万円からです。

表からもわかるように借金が大きくなれば個人再生によって借金を大幅に減らせることがわかると思いますが、借金額が小さいと大きな成果を得られないです。

逆に借金が5000万円あると、個人再生によって借金を500万円まで減らすことができるので、かなりの借金を圧縮できるということになります。使い方によっては個人再生は非常に強力な債務整理方法だということがわかると思います。

個人再生は借金100万円以下での利用はあまり意味がない

個人再生利用できない

個人再生を借金100万円でりようするのは上記からもわかるようにあまり意味がないということがわかると思います。

そのため仮に個人再生を弁護士や司法書士に手続き依頼したとしても、専門家は意味がないことを知っているので手続きを断られる可能性があります。

もし仮に個人再生手続きをしてくれたとしても、個人再生は基本的に3年間で借金返済していくということで手続する債務整理方法なので、人によってはむしろ毎月の返済額が増えてしまう可能性すらあります。

せっかく個人再生を利用しても、借金負担が重くなってしまっては意味がないので、借金が100万円以下といことなら、最初から個人再生の利用は候補から除外してしまってもいいと思います。

借金が100万円以下ということなら、他に最適な債務整理方法があるので、別の債務整理方法の利用を検討したほうが賢いと思います。

借金100万円での個人再生以外の債務整理方法はどうなのか?

個人再生以外の100万円

借金が100万円以下という状況だと個人再生の利用は除外したほうがいいということは上記でも説明していますが、他の債務整理方法を利用するケースではどうなのでしょうか?

下記で任意整理と自己破産を借金100万円以下で利用する場合のメリットやデメリット、注意点についてまとめたので参考にしてください。

任意整理

借金100万円以下で債務整理することを考えているなら一番の利用候補になるのが任意整理ではないかと思います。

任意整理は債権者と交渉して借金返済の条件を変えてもらうという手続き方法で、依頼費用は個人再生や自己破産よりも安く抑えることができるので、100万円以下という比較的借金額が小さい方でも利用しやすい債務整理方法だと思います。

任意整理を利用すれば借金の利息を免除できたり、毎月の返済額を小さくするなどのメリットを期待することができます。

ただ任意整理は借金を元本から大幅に減額することは難しいので、借金を元本から大幅に減らしたいという方や、借金額が大きくて利息を免除するだけでは返済が追い付かないという方には向かない手続き方法です。

しかし借金が100万円くらいなら任意整理を利用して利息が免除できれば、返済の見通しを立てられる方も多いのではと思います。一般的には借金100万円以下ということなら任意整理の利用が一番良いのではないかと思います。

個人再生任意整理比較
個人再生の任意整理の違いを比較【切り替えは可能?】

任意整理と個人再生の違いを比較しています。個人再生中に任意整理へ切り替えが可能なのかということや、任意整理と個人再生ではどちらがいいのかなどについて詳しく解説しています。

自己破産

自己破産は裁判所が免責を認められば借金返済の義務がなくなり、事実上借金がゼロになるという非常に強力な債務整理方法です。

借金がゼロになるという債務整理方法なので、借金の減額幅なら最強と言ってもいい債務整理方法になります。ただ借金が100万円以下という少額なケースでも利用することができるのかと疑問に思う方も多いです。

結論を言うと、自己破産は借金が100万円以下でも利用することができます。個人再生のように100万円以下の借金だと借金が減額されないということはないです。

ただ自己破産すると自動車や持ち家などの高額資産が没収されてしまったり、一部の職業で職業制限が生じるなどのデメリットもあるので注意が必要です。

また自己破産は裁判所から支払い不能状態であると認められる必要があり、借金が100万円以下という状況で支払い不能状態が認められるのかということが問題になってきます。

自己破産に関しては無職無収入や生活保護を受給しているなど、任意整理などを利用しても返済の見込みがない方に向いている債務整理方法と言えると思います。

自己破産と個人再生の違いを比較【どっちがいいの?】

自己破産は債務整理の中でも非常に有名な手続き方法なので何となく知っているという人も多いのではないでしょうか。 とは言っても何となく世間的には自己破産と聞くと、ネガティブなイメージを持つ人も多いのではな ...

借金100万円以下で個人再生などを利用するなら無料相談から!

個人再生借金100万円以下無料相談

借金が100万円以下で個人再生の利用を考えていたという方は、借金が100万円以下だと個人再生の利用は向かないということは分かったと思いますが、個人再生以外の任意整理や自己破産などの債務整理方法は普通に利用することができるというこはわかったと思います。

ただどの債務整理方法が最適な債務整理方法なのかということは、あなたの借金額や資産状況、収入額や家庭環境などによっても違ってくると思うので、個人再生を含めてどの債務整理方法が良いのかということはなかなか断言できないです。

しかし借金返済の負担が重くて返済が厳しいということなら、債務整理を利用して少しでも借金返済の負担を軽減することを検討してもいいと思います。

そのためにもまずは弁護士事務所や司法書士事務所が行っている無料相談を利用して、どの債務整理方法が最適で、債務整理後にどのようにして借金を完済していくのかを相談してはどうでしょうか。

当サイトでは個人再生を含めた債務整理手続きについて無料相談を行っている弁護士事務所や司法書士事務所をまとめています。

メールや電話で気軽に無料相談を利用できる事務所を載せているので、「話だけ聞きたい」という方も気軽に利用することができます。まずは下記から気軽に無料相談で借金問題の解決方法について相談してみてください。

手元にお金が無くても個人再生は可能です!
個人再生は手元にお金がまったくない状況でも手続きするこが可能です。当サイトに掲載してる個人再生におすすめな弁護士事務所は、個人再生の依頼費用の支払い方法についても相談に乗ってくれるので、まずは無料相談を利用して話を聞いてみるといいと思います。
個人再生が得意な弁護士を探す!
都道府県別個人再生や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!
北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

債務整理無料相談ボタン

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

料金・費用安い

分割い・後払い

電話相談無料

土日祝日相談可

借金の原因や理由から選ぶ

クレジットカード

カードローン・キャッシング

母子家庭

住宅ローン

ギャンブル

無職無収入

養育費慰謝料

株取引・FX

闇金

奨学金

教育ローン

自動車ローン

家賃滞納

遅延損害金・延滞利息

医療費

公共料金

税金・社会保険料

交通事故

借入先から選ぶ

プロミス

アコム

レイクアルサ

アイフル

SMBCモビット

ジェイスコア

-個人再生とは?
-,

© 2020 個人再生の知恵袋【2020年最新】 Powered by AFFINGER5