個人再生とは?

個人再生で借金300万円をいくら減額できる?【圧縮率・減額率】

個人再生300万円

借金300万円は結構負担が大きくて単純に利息を無視して計算すると5年返済で毎月5万円も返済することになるので、ギリギリの状況で返済している方も多いのではないでしょうか。そのため収入が減ってしまったりすると一気に返済計画が狂ってしまって返済が滞ってしまうこともあります。

昔はこれだけの借金があったとしても終身雇用で完済の見込みを立てることができましたが、現在はそういった状況ではなく、派遣社員や契約社員が増えている今の状況だと収入的に借金300万円の完済が難しいという方もいると思います。

そこでもしも借金300万円が返済できなくなってしまったらどうするのか?ということですが、借金返済には色々な方法があります。

親や友人・親戚・恋人から借金して返済する方法なら借金の利息を気にする必要はないですし、借金の時効を待つという方法もあります。

ただ知り合いから借金すると途中で返済できなくなってしまった場合に人間関係の亀裂が生じます。また借金の時効は何年も待つことになりますし、その前に強制執行で資産や給料が差し押さえられます。

そのため現実的に借金300万円の借金問題を解決するなら債務整理手続きが個人的にはベストなのではないかと思います。債務整理方法には任意整理・個人再生・自己破産などの手続き方法がありますが、ここでは個人再生についてわかりやすく解説しようと思います。

借金300万円は個人再生でいくら減額可能?圧縮率・減額率は?

借金総額 返済が必要な金額
100万円未満の場合 借金総額
100万円以上500万円以下の場合 100万円
500万円超1500万円以下の場合 借金の5分の1
1500万円超3000万円以下の場合 300万円
3000万円超5000万円以下の場合 借金の10分の1
5000万円超の場合 債務整理できない

借金300万円が個人再生を利用することによってどの程度借金を減額することができるのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

個人再生は任意整理とは違って交渉によって返済条件が決まる債務整理方法ではなく、ある程度の借金の減額幅の目安があります。それが上記の最低弁済基準額の表になります。

個人再生の借金の減額幅は上記の最低弁済基準額と清算価値を比較して高い方の金額を返済していくという仕組みになっています。ちなみに清算価値は簡単に説明すると「あなた資産を全て現金に換価して清算した場合の価値」になります。

つまり清算価値が最低弁済基準額を上回れば減額幅は清算価値が基準になり、最低弁済基準額の方が高ければ最低弁済基準額が減額幅の基準になるということです。ただ清算価値はその人の資産によって違うため、ここで比較することはできないので省略します。

最低弁済基準額を基準にすると300万円の借金は100万円まで減額することができるということが上記からわかると思います。

そのため持っている資産が小さければ、個人再生で借金を3分の1まで減らせるという事です。つまり借金の圧縮率・減額率は6割以上にもなり、返済負担はかなり軽減されることになります。

借金が3分の1まで減額されれば完済できる見込みが立てられる方も多いのではないでしょうか。

個人再生を利用できないケースもあるので注意しよう!

個人再生利用できない

個人再生は借金が300万円だと最大で100万円まで減額することができるので、借金が払えなくて困っている方からすると非常に魅力的な債務整理方法ですが、人によっては個人再生が利用できないので注意が必要です。

個人再生には利用条件がありそれは「債務総額が5000万円以下」と「将来的に継続又は反復した収入があること」の2つです。「債務総額が5000万円以下」という条件は借金が300万円ということなら問題なく条件を満たしていることになります。

問題は「将来的に継続又は反復した収入があること」という条件です。これは安定した収入があるかどうかが問われているということです。そのため無職無収入という方や生活保護を受給している方は利用が難しいと思ったほうがいいです。

個人再生で借金を減額したとしても、返済できる収入がないと返済が滞ることになるので個人再生の意味がなくなります。生活保護については「保護費が収入になるのでは?」と思う方もいますが、生活保護費はあくまでも生活のためのものなので、基本的には借金返済への利用は認められてないです。

アルバイトやパート、年金受給者は利用できるのか気になる方もいると思いますが、アルバイトやパートに関してはこれまで雇用実績がしっかりとあるようなら問題なく利用できると思います。しかし短期のアルバイトなどは安定した収入にはならないので個人再生の利用は難しいです。

年金に関しては継続的な収入に該当するので個人再生の利用が可能ですが、障害年金に関しては生涯もらえるという保証はないので、障害の内容や程度など個別の判断が必要になってきます。

基本的にはアルバイトやパートでも継続した収入があれば利用することができるので、そこまで利用する際の条件は厳しいものではないと思います。

借金300万円での個人再生以外の債務整理方法はどうなのか?

300万円個人再生以外

借金300万円を個人再生ではなく別の債務整理方法で借金整理した場合はどうなのでしょうか?

個人再生以外の債務整理方法として検討される任意整理と自己破産を利用するケースについてそれぞれわかりやすく解説しようと思います。

任意整理

借金300万円は任意整理を利用して整理することも可能です。任意整理は債務者が債権者と交渉して借金の利息を免除してもらったり、毎月の返済額を小さくしてもらうという債務整理方法になります。

個人再生と比べると借金の減額幅が小さいというデメリットはありますが、依頼費用は任意整理の方が安く抑えられる可能性があり、手続き期間も任意整理の方が短いです。

さらに自動車や持ち家などの高額資産があったとしても、個人再生のように借金の減額幅が小さくなるということはないので、資産状況によって返済が不利になるという心配もないです。

そのため任意整理は借金の減額幅は小さくなりますが、その分だけ他の債務整理方法と比べると生活へに与える影響が小さくデメリットも小さいというメリットがあります。

そういったこともあり、借金300万円が任意整理で完済することが可能なら、個人再生では任意整理を利用するという選択肢も考えていいと思います。

個人再生任意整理比較
個人再生の任意整理の違いを比較【切り替えは可能?】

任意整理と個人再生の違いを比較しています。個人再生中に任意整理へ切り替えが可能なのかということや、任意整理と個人再生ではどちらがいいのかなどについて詳しく解説しています。

自己破産

借金300万円になると利息負担だけでなく元本も返済額も大きくなってしまうので、任意整理や個人再生を利用しても借金の完済が難しいという方もいるのではないでしょうか。

そのような場合には自己破産を利用して借金を整理するという方法も考えられます。自己破産は個人再生と同じく裁判所で手続する債務整理方法で、裁判所が免責を認めれば借金返済の義務が免除されるという手続き方法になります。

当然ですが個人再生よりも自己破産の方が借金の減額幅が大きいので借金問題を抱えているなら利用を検討する方もいると思います。ただ自己破産は返済余力があるような状況だと免責が認められない可能性もあります。

また自己破産すると自動車や持ち家などの高額資産が没収されてしまう可能性があるので、他の債務整理方法と比べると生活に与える影響が大きいということも理解しておくといいかもしれないです。

ただ無職無収入だったり、生活保護を受給しているようなケースだと任意整理や個人再生の利用は難しいので、自己破産が唯一の借金問題の解決方法になってきます。

自己破産と個人再生の違いを比較【どっちがいいの?】

自己破産は債務整理の中でも非常に有名な手続き方法なので何となく知っているという人も多いのではないでしょうか。 とは言っても何となく世間的には自己破産と聞くと、ネガティブなイメージを持つ人も多いのではな ...

借金300万円を個人再生するなら無料相談から!

借金300万円無料相談

借金300万円を個人再生するということなら、手続きを依頼する前に弁護士事務所や司法書士事務所が行っている無料相談を利用してから実際に依頼するかどうかを決めるといいと思います。

個人再生に限ったことではなく、借金問題に関しては弁護士事務所や司法書士事務所が無料相談を行っているので、こういったサービスを活用せずにいきなり依頼するというのはもったいないことだと思います。

おそらく個人再生を含めた債務整理方法についてそこまでわかっている方は多くないと思うので、専門家である弁護士や司法書士に話を聞くだけでも参考になる部分があると思います。そして話を聞いた結果、個人再生以外の債務整理方法を利用したいと思うようになったり、そのまま個人再生を利用したいと思うかもしれないです。

無料相談を利用することで、借金の負担がどの程度減るのかということはもちろんですが、依頼費用の見積もりや手続き期間の目安なども聞くことができます。個人再生依頼後の見通しなどを知るためにも、まずは無料相談を利用して話を聞いてみましょう。

当サイトでは個人再生を含めた債務整理手続きについて無料相談に対応している弁護士事務所や司法書士事務所をまとめています。

メールや電話で気軽に無料相談を利用できる事務所を載せているので、「話だけ聞きたい」という方も気軽に利用することができます。まずは下記から気軽に無料相談で借金問題の解決方法について相談してみてください。

手元にお金が無くても個人再生は可能です!
個人再生は手元にお金がまったくない状況でも手続きするこが可能です。当サイトに掲載してる個人再生におすすめな弁護士事務所は、個人再生の依頼費用の支払い方法についても相談に乗ってくれるので、まずは無料相談を利用して話を聞いてみるといいと思います。
個人再生が得意な弁護士を探す!
都道府県別個人再生や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!
北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

債務整理無料相談ボタン

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

料金・費用安い

分割い・後払い

電話相談無料

土日祝日相談可

借金の原因や理由から選ぶ

クレジットカード

カードローン・キャッシング

母子家庭

住宅ローン

ギャンブル

無職無収入

養育費慰謝料

株取引・FX

闇金

奨学金

教育ローン

自動車ローン

家賃滞納

遅延損害金・延滞利息

医療費

公共料金

税金・社会保険料

交通事故

借入先から選ぶ

プロミス

アコム

レイクアルサ

アイフル

SMBCモビット

ジェイスコア

-個人再生とは?
-,

© 2020 個人再生の知恵袋【2020年最新の弁護士・司法書士比較】 Powered by AFFINGER5