個人再生すると連帯保証人や保証人に請求が行き迷惑がかかる!

個人再生連帯保証人

 

個人再生は借金の減額幅が大きくて非常に優秀な債務整理方法です。

 

税金などの一部の借金を除けば、ほとんどの債務を元本から減額することができるので、借金返済で困っているようなケースだと大幅に借金を減らすことができるため、借金問題解決のきっかけになります。

 

ただ個人再生する場合の注意点として、連帯保証人や保証人が設定されいてる借金が含まれているかどうかということがあります。

 

個人再生すれば借金を大幅に減額することができますが、連帯保証人や保証人が設定されているような借金を個人再生で減額すると、借金返済の請求が連帯保証人や保証人に行ってしまうので迷惑をかけることになります。

 

そのため本当は返済の見込みがない借金があったとしても、連帯保証人や保証人が設定されているということで、債務整理することができないという方もいます。

 

保証人と連帯保証人の違いとは

保証人連帯保証人違い

 

保証人と連帯保証人はどちらもお金が借りた本人が借金返済できない状況になってしまった場合に、代わりに返済にする必要があるという人のことをいいます。

 

つまり個人再生した場合だと借金減額することができますが、そのことによって借金返済できない状況になったということになり、保証人や連帯保証人が支払い義務を負うことになるということです。

 

保証人と連帯保証人の違いは大きく分けて「抗弁権」と「支払い負担の分割」に違いがあります。

 

抗弁権による違い

 

保証人と連帯保証人では大きな違いがあり、保証人には「抗弁権」がありますが、連帯保証人には「抗弁権」がないという違いがあります。

 

抗弁権は「債権者から支払いを求めらえた場合に支払いを拒むことができる権利」のことを指します。

 

借金した本人に資産がある場合だと、保証人の場合なら借金取り立てに対して「本人から借金を取り立ててください」と拒むことができますが、連帯保証人は拒むことができないということです。

 

支払い負担の分割による違い

 

保証人が複数人いるケースの場合だと、借金返済の義務は保証人の数によって分割されることになります。

 

つまり保証人が2人の場合で借金が100万円だったとすると、それぞれ50万円ずつの返済負担を背負うことになります。そのため仮に保証人の片方が100万円の返済を求められたとしても、50万円までしか返済の必要がないということです。

 

しかし連帯保証人の場合にこういった支払い負担の分割がないので、請求されてしまった場合には借金を全額支払う義務があります。

 

ちなみに保証人には求償権があり、個人再生によって債務者の代わりに債権者に借金の支払いを行った場合に、債務者に対してその分の弁済を請求できるという権利があります。

 

ただ個人再生の場合はこの求償権も減額対象になるので、満額でお金が戻ってくることはないと理解しておきましょう。

個人再生による帯保証人や保証人の借金返済義務

個人再生連帯保証人返済義務

 

個人再生をすると借金を元本からかなりの額を減額することができ、借金額によっては借金を10分の1まで減額することができるという特徴があります。

 

個人再生による連帯保証人や保証人への借金返済の義務は「個人再生で減額された借金額」になります。

 

つまり個人再生に前に残っている借金額から、個人再生後に本人が返済する金額を差し引いた金額が連帯保証人や保証人の負担額になるというです。

 

そのため連帯保証人や保証人と借金をした本人の返済額の合計が借金完済額に到達した時点で借金の完済が完了するということです。

 

個人再生は借金減額の幅が大きいということもあり、借金額が大きめの人が利用する傾向があるので、個人再生によって連帯保証人や保証人として借金を背負うことになると結構大きな負担になります。

連帯保証人や保証人も借金返済できない場合

個人再生連帯保証人返済できない

 

連帯保証人や保証人に経済力があれば、個人再生によって借金の一部を背負わされたとしても返済することができるかもしれないですが、連帯保証人や保証人に支払い能力がない場合にはどうやって返済すればいいのでしょうか?

 

連帯保証人や保証人への支払い請求は一括請求されてくるので、金額が少なければ支払うことができると思いますが、借金額が大きい場合には返済が難しくなる可能性があります。

 

そんな連帯保証人や保証人が借金返済できない場合には下記の方法を検討することになります。

 

分割返済する

 

連帯保証人や保証人への返済請求は基本的には一括返済を求められますが、現実問題として一括返済が難しいということは金融業者などの債権者も理解していることなので、分割返済することは可能です。

 

というか借金額が大きい場合には分割返済はほぼ必須だと思います。

 

分割返済を希望することはそこまで難しいことではないので、連帯保証人や保証人で一括で借金返済できない場合には、最低でも分割払いを求めるようにしましょう。

 

任意整理する

 

連帯保証人や保証人が個人再生によって請求された借金は債務整理で減額することができます。

 

個人再生という債務整理方法によって借金を背負うことになったのに、その借金を返済するために自分も債務整理するということに複雑な気持ちを感じる方もいると思いますが、債務整理方法の中でも任意整理は一番利用しやすい債務整理方法です。

 

任意整理は家や自動車などの資産を売却することなく、利息免除したり返済期間を延ばしたりなどして返済負担を軽くすることができるので、少し返済条件が軽くなれば完済可能という場合におすすめな債務整理方法です。

 

依頼料金もそこまで高額ではないので、債務整理方法の中では一番利用しやすい手続き方法です。

 

参照:任意整理とは

 

個人再生する

 

個人再生によって連帯保証人や保証人として借金を背負ってしまったのに、さらに連帯保証人や保証人が個人再生によって借金の負担を軽減することが可能なのか?と思う方もいると思いますが可能です。

 

個人再生自体は非常に借金減額幅が大きい手続き方法なので、連帯保証人や保証人として背負ってしまった借金額が大きい場合には利用候補になる債務整理方法です。

 

また個人再生なら住宅ローンを残したままで借金整理できるので、持ち家を手放すことなく借金を減らすことができるというのも魅力です。

 

持ち家などのどうしても手放したくない資産があるけど、借金返済の負担が大きい場合に利用したい債務整理方法になります。

 

自己破産する

 

連帯保証人や保証人になったことで借金を背負ってしまったけど、本人に年金暮らしなどで返済できるような収入がない場合には自己破産を選択することになると思います。

 

連帯保証人や保証人による借金だったとしても、自己破産すれば返済義務は消滅するので借金返済の負担はなくなります。

 

ただ自己破産すると持ち家や自動車などの高額資産を手放すことになるので、本当にお金がなくて借金を返済することができないという方が利用すべき債務整理方法です。

 

とはいっても賃貸で大きな資産がないという方の場合だと、そこまで生活に影響はなく、自己破産しても家具や生活家電などは普通に残すことができたりします。

 

参照:自己破産とは

個人再生前に迷惑をかける連帯保証人(保証人)と話し合おう

個人再生連帯保証人話し合い

 

個人再生を利用すると上記のように、保証人や連帯保証人が設定されているような借金の場合は、減額された分の負担が保証人や連帯保証人に請求されることになるので、大きな迷惑をかけることになります。

 

個人再生は債務整理の対象になる借金を選ぶことができないので、保証人や連帯保証人が設定されている借金を債務整理したくないような場合でも、対象の借金を債務整理対象から外すことはできないです。

 

そのため個人再生を利用する場合で、保証人や連帯保証人が設定されている借金がある場合には、個人再生を利用する前に事前に保証人や連帯保証人に話をしておくことをおすすめします。

 

保証人や連帯保証人としても、突然借金の返済請求がきたらビックリしますし、多額の借金をいきなり背負わされたらトラブルになる可能性があります。

 

しかし事前に相談しておけば、状況によっては借金問題の解決方法を一緒に考えてくれる可能性もあるので、事前に話しておくことは大事です。

まとめ

個人再生連帯保証人まとめ

 

個人再生に限ったことではなく、債務整理手続きを利用して借金を減額したりすると、保証人や連帯保証人が設定されている借金に関しては、保証人と連帯保証人に請求が行くことになるので大きな迷惑をかけることになります。

 

そのためできることなら保証人と連帯保証人が設定されている借金に関しては優先的に返済してしまうことをおススメします。

 

しかしそれが難しい場合には任意整理を検討するといいです。任意整理は債務整理の対象を選ぶことができるので、保証人と連帯保証人が設定されている借金を除外して、それ以外の借金返済の負担を軽減することができます。

 

そのため任意整理なら借金の中に保証人と連帯保証人が設定されている借金があったとしても、保証人と連帯保証人に迷惑をかけることなく借金の負担を軽くすることができます。

 

こういったことを含めて、借金返済について不安や問題を抱えているなら、債務整理に強い弁護士や司法書士などの専門家に一度相談してはどうでしょうか。

 

当サイトでは都道府県別に個人再生などの債務整理に強い無料相談できる弁護士や司法書士をまとめているのでよかったら参考にしてください。

 

手元にお金が無くても個人再生は可能です!
個人再生は手元にお金がまったくない状況でも手続きするこが可能です。当サイトに掲載してる個人再生におすすめな弁護士事務所は、個人再生の依頼費用の支払い方法についても相談に乗ってくれるので、まずは無料相談を利用して話を聞いてみるといいと思います。

個人再生が得意な弁護士を探す!
都道府県別個人再生や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

弁護士事務所の特徴から選ぶ

料金・費用安いボタン
分割払い・後払いボタン
電話相談無料ボタン
土日祝日相談ボタン

個人再生する理由や状況から選ぶ

クレジットカード
カードローンキャッシング
母子家庭
住宅ローン
ギャンブル
無職無収入
養育費慰謝料
株取引FX
奨学金
闇金