個人再生とは?

個人再生で医療費や医療ローンを減額できるか?【両親の医療費】

個人再生医療費医療ローン自分だけでなく両親や家族の医療費や医療ローンの負担が重くて借金をしてしまい、金額が大きくて借金を払えないという状況に追い込まれてしまったという方は少なくないです。

医療費は基本的には国民健康保険を利用すれば負担をかなり軽減することができますが、国民健康保険に対応してない治療を受ける場合には医療ローンを利用せざる得ない状況になってしまったり、国民健康保険料を滞納してして健康保険証が利用できずに、医療費が全額自己負担ということもありえます。

医療費が全額自己負担になるとかなり大きな負担になってしまいます。特に自分自身が病気やケガで働くことができなくなってしまったら、その間の生活費も工面する必要が出てきて、医療費や医療ローンの返済のあてがなくなってしまう可能性があります。

医療費や医療ローンは必要なものですが、事前に準備がないと負担に対応できなくて大きな借金につながってしまう可能性があります。そこでここでは医療費や医療ローンで謝金返済が難しくなってしまった場合の個人再生による借金減額方法についてわかりやすく解説しています。

医療費や医療ローンを滞納するとどうなる?

個人再生医療費医療ローン滞納

医療費や医療ローンが払えなくなってしまったら、最終的には支払いを滞納することになってしまうかと思いますが、支払いを滞納すると具体的にどのようなことになってしまうのでしょうか?

医療費や医療ローンを滞納すると下記のようなことになってしまうので、医療費や医療ローンの支払いが難しい状況になってしまったら、できるだけ早めに対策を講じることが必要になってきます。

医療費や医療ローンした場合に起こること

  • 支払いの催促を受けることになる
  • 民事訴訟を起こされる可能性もある
  • 資産の差し押さえになることも

支払いの督促を受けることになる

医療費や医療ローンを支払いを滞納すると当然ですが、支払いの催促を受けることになります。医療費の支払いを滞納している場合には病院から電話や書面などによる催促を受けることになります。医療ローンの場合はローン会社から催促を受けることになります。

医療費や医療ローンの催促では、そこまで強引な催促はしてきませんが、やはり支払いを滞納しているということで精神的な負担は結構大きいと思います。

医療費の未払いは近年増えているということで、昔と違って近年は病院が取り立てをするのではなく、債権回収業者などが催促や取立てを行うこともあるようです。

民事訴訟を起こされる可能性もある

医療費や医療ローンの支払いが数か月にもなってくると、病院やローン会社もそのまま放置することができなくなって民事訴訟手続きを起こされてしまう可能性があります。

民事訴訟になってしまったら当然ですが、支払いを滞納しているこちらに勝てる見込みはないです。普通はここまでの状況になる前に何らかの対策を講じたほうがいいと思います。

資産の差し押さえになることも

裁判に負けると最終的には給料や資産などが強制執行によって差し押さえられてしまうことになります。

基本的には医療費や医療ローンをそのまま支払わずに済ますということは難しく、滞納が続けば資産や給料が差し押さえになってしまい、そのことによってさらに生活が厳しいことになってしまいます。

特に給料が差し押さえられると、借金問題を抱えていることが会社に知られてしまうことになるので最悪です。金融関係の仕事をしていたら、借金問題で会社に迷惑をかけることは特にマズイので、その後の仕事や昇進にも大きな影響が出ます。

国民健康保険による還付金で医療費を賄う

国民健康保険還付金

医療ローンは基本的には国民健康保険では賄えない自己負担10割の治療などを利用する際に使うことが多いですが、基本的な治療に関しては国民健康保険を利用すればある程度カバーすることができます。

基本的に健康保険の範囲内の治療であれば、手術などで医療費が結構大きな金額になってしまったとしても、健康保険から還付金を受けることができ、高額医療費還付ということで負担を軽くすることができます。

こういったことを知っていれば、医療費が大きくなったとしてもある程度は健康保険でカバーすることができるので活用するようにしましょう。

とは言ってもこれはあくまでも健康保険が適用される範囲の医療費の場合なので、保険適用外の先進医療などを受ける場合には注意が必要です。

ちなみに美容整形やインプラントも保険適用外で全額自己負担になるので注意しましょう。

医療費や医療ローンは個人再生で減額できる?

個人再生医療費医療ローン

健康保険でカバーすることができない医療費や医療ローンによって借金が返済できない状況になってしまった場合には、できるだけ早めに個人再生を含めた債務整理手続きの利用を検討するといいと思います。

医療費や医療ローンを払える見込みがあるなら個人再生を利用する必要はないですが、払える見込みがない状況だと、そのままにしていたら最終的には訴訟になってしまい資産や給料が差し押さえられてしまう可能性があります。そうなる前に個人再生を含めた債務整理を検討してみるといいと思います。

個人再生するとどうなる?

個人再生は裁判所で手続する債務整理方法で、個人再生を利用すると医療費や医療ローンを含めた全ての借金負担が軽減されることになります。

裁判所で手続する債務整理方法なので手間がかかり、手続き完了に半年くらいかかるかもしれないですが、手続きに関しては弁護士などに依頼すればほぼ丸投げすることができ、弁護士や司法書士に依頼すれば手続き期間中は借金返済の必要もないです。

借金の減額幅が大きく、借金額によっては最大で借金が10分の1まで減額することができます。数百万円あった医療費や医療ローンを含めた借金が大幅に減額できる可能性があります。

ただ個人再生は住宅ローン以外は特定の借金だけを除外して債務整理するということはできないので、自動車ローンを払っている途中の車なども債務整理対象になってしまいローン会社に引き上げられてしまったり、連帯保証人が設定されている借金も整理対象になってしまい、連帯保証人に迷惑をかけてしまうということもあります。

個人再生を利用すれば医療費や医療ローンの返済負担を軽くすることが可能ですが、そのことによる影響もしっかりと考慮する必要があります。

医療費を個人再生することで治療拒否されることは?

医療費個人再生治療拒否

医療費を滞納したり、医療費を個人再生の対象にしてしまった場合に「その後の治療を拒否されてしまったらどうしよう?」と思う方もいると思います。

個人再生をすると医療費を減額することができますが、それは医療費を踏み倒すことになるので、そのことによってその後の治療を拒否されてしまったのでは生活に大きな影響を及ぼすことになってしまいます。

ただ結論を言ってしまうと、医療費を滞納したり個人再生の対象にして減額したとしても病院から治療を拒否されることはないです。

医療費を個人再生で減額しても病院は治療を拒めない

医師は正当な理由がないと治療を拒絶することがでいないということが医師法で決まっています。そのためよほどのことがない限りは治療を拒否されることはないです。
具体的な正当な理由は「他の重症患者を診察している」「ベッドが満床で患者を受け入れられない」「専門外の分野で対応できない」などのようなことになります。
つまり治療費の未払いは治療拒否の正当な理由にはならないということです。厚生労働省も治療費の未払いがあってもそれを理由に直ちに治療を拒むことはできないとしています。

そのため個人再生で治療費の一部を踏み倒したとしても、それを理由に治療が拒否されるということはないので安心して大丈夫です。

まとめ

医療費医療ローン個人再生まとめ

医療費や医療ローンの支払いが難しくなってしまった場合には、まずは国民健康保険の高額医療費還付などの公的な仕組みを利用して払うことができないかを考える必要があります。

それでも支払いが難しいという場合には個人再生を含めた債務整理手続きの利用を検討するといいと思います。ここでは個人再生について説明していますが、債務整理は個人再生以外にも任意整理や自己破産など色々な債務整理方法があります。

どの債務整理方法が最適なのかということは、あなたの収入状況や借金額、資産額などによって異なってくるので一概のどの債務整理方法がいいのかは自分だけだとなかなか判断が難しいと思います。

そのため医療費や医療ローンの完済が難しいと思ったら早めに債務整理や借金相談に対応している弁護士や司法書士の無料相談を利用するといいと思います。

個人再生を含めた債務整理による借金整理手続きは弁護士や司法書士に依頼して行うのが一般的なので、こうした専門家に相談することが大事だと思います。債務整理するかわからない状態でも、とりあえず専門家に話を聞くだけでも参考になると思います。

無料相談なので経済的な負担なく気軽に話を聞けるのでデメリットもないです。当サイトではメールや電話でも気軽に無料相談を利用できる弁護士事務所や司法書士事務所を載せているのでよかったら参考にしてください。

手元にお金が無くても個人再生は可能です!
個人再生は手元にお金がまったくない状況でも手続きするこが可能です。当サイトに掲載してる個人再生におすすめな弁護士事務所は、個人再生の依頼費用の支払い方法についても相談に乗ってくれるので、まずは無料相談を利用して話を聞いてみるといいと思います。
個人再生が得意な弁護士を探す!
都道府県別個人再生や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!
北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

債務整理無料相談ボタン

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

料金・費用安い

分割い・後払い

電話相談無料

土日祝日相談可

借金の原因や理由から選ぶ

クレジットカード

カードローン・キャッシング

母子家庭

住宅ローン

ギャンブル

無職無収入

養育費慰謝料

株取引・FX

闇金

奨学金

教育ローン

自動車ローン

家賃滞納

遅延損害金・延滞利息

医療費

公共料金

税金・社会保険料

交通事故

借入先から選ぶ

プロミス

アコム

レイクアルサ

アイフル

SMBCモビット

ジェイスコア

-個人再生とは?
-, ,

© 2020 個人再生の知恵袋【2020年最新】 Powered by AFFINGER5