初めての自己破産

自己破産と個人再生の違いを比較【どっちがいいの?】

自己破産個人再生違い

自己破産は債務整理の中でも非常に有名な手続き方法なので何となく知っているという人も多いのではないでしょうか。

とは言っても何となく世間的には自己破産と聞くと、ネガティブなイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

では実際に自己破産とは具体的にどのような債務整理方法なのでしょうか?

自己破産は借金が免責される究極の債務整理方法

自己破産すると消費者金融や銀行等からの借金が免責されて返済する必要がなくなるという債務整理方法になります。

借金が0円になるというよりは、裁判所から免責されて借金返済の義務がなくなるという感じの理解が正確だと思います。

とは言っても借金返済の必要がなくなるということは、借金が0円になるのと同じような意味なのでメリットの大きい債務整理方法です。

自己破産によって借金の免責が認められると返済の必要がなくなりますが、そのためには色々な条件をクリアする必要があります。

自己破産は個人再生や任意整理とは違って、簡単に認められるような債務整理方法ではないんですよね。

自己破産は借金の返済が必要なくなるという意味で、他の債務整理方法は色々違う部分のある債務整理方法だと思っておくといいです。

まずは個人再生と自己破産の利用条件の違いを比較して見ましょう。

自己破産と個人再生の利用条件の違いを比較

利用条件 個人再生 自己破産
借金額による制限 住宅ローン以外で5000万円以下 なし
借金の原因による制限 なし ギャンブルや投資・浪費は不可
収入制限 継続的な収入が必要 なし
職業による制限 なし あり


自己破産と個人再生の利用条件を比較すると上記のように全然違うということが分かると思います。

どちらも債務整理という借金を減額する手法なのですが、それぞれまったく利用できる条件が違うので、利用する場合には条件を満たしているかも非常に重要な部分になります。

特に自己破産の場合には、ギャンブルやFX・株などの投資、浪費による借金だと免責が認められないということもあり、こういった借金の原因で借金ができてしまった人は、個人再生が一番借金の減額率が高い債務整理方法になります。

自己破産にこういった借金の原因による利用制限があるということを知らなかった人は意外と多いのではないでしょうか。

また自己破産の場合には免責手続きが終わるまで、特定の職業に就けないというデメリットもあります。

つまり自己破産によって仕事が一時的にできなくなる可能性があるということです。

このように自己破産をりようする際にはそれなりのハードルがあるということを知っておくといいです。

そう考えると、自己破産ほど利用条件が厳しくなくて、ある程度の借金減額効果を期待できる個人再生の方が利用しやすいと感じる人も多いかもしれないですね。

収入があるなら個人再生・収入がないなら自己破産を選ぼう!

収入個人再生自己破産

個人再生と自己破産のどちらがいいのか選ぶ際にどういった基準で選べばいいのか良くわからないという人も多いのではないでしょうか。

どちらも借金の減額幅が非常に大きい債務整理方法ですが、分かりやすい利用目安としては「収入があるなら個人再生」「収入がないなら自己破産」というのが分かりやすい利用の際の線引き方法だと考えます。

収入がない場合には自己破産しか選択肢がない

債務整理には任意整理や個人再生などの債務整理方法がありますが、どれも利用条件として収入があることが前提とされています。
自己破産以外の債務整理方法は手続き後に残った借金を返済して行く必要があるので、収入がないと利用することができないです。
そのため失業していたりして収入がないような状況だと自己破産しか選択することができないです。

収入がない状態では借金返済はもちろんですが、生活すら危ないので、自己破産が認められる可能性は高くなります。

収入がある場合で、返済の可能性があるなら自己破産よりは個人再生を利用した方がいいです。

自己破産をすると車や家などの資産を残すことができないので、収入や資産がある人が行うと普段の生活に影響が出る可能性があります。

そういった意味でも、自己破産は収入がなくてどうしようもなくなった場合に行う最終的な債務整理方法だと思っておくといいです。

自己破産と個人再生のどちらを選ぶかは弁護士と相談

自己破産個人再生無料相談

自己破産と個人再生のどちらかの債務整理を選ぶ際には、収入があるかどうかというのも一つの選び方ではありますが、これはあくまでも極端な例です。

そもそも収入がないと自己破産しか選択肢がないので選ぶということはできないですからね。

そういった意味ではもっと現実的にどのように債務整理方法を選べばいいのか知りたい人も多いと思います。

自己破産も個人再生もどちらも優れた債務整理方法ですが、どちらの方法がいいかは、あなたの経済状況や収入、資産によって違ってくるので、なかなか判断するのが難しいです。

また自己破産の場合には利用条件が複雑で、借金の原因によっては利用することができなかったりすることや、職業制限によって仕事に影響がでることから、借金の原因や現在の職業も考慮して選択していく必要があります。

このように自己破産と個人再生利用を検討する場合には細かい条件を検討していく必要があるので、弁護士に相談してどちらがいいのか提案してもらうといいと思います。

素人がどっちがいいのか選択すると、債務整理後に後悔することもあるので、個人再生や自己破産手続きの経験が豊富な弁護士に相談してどちらがいいのか選んでもらうのが一番確実な方法だと思います。

債務整理を依頼する前の相談なら、無料相談を受け付けている弁護士事務所を利用すればお金もかからないのでメリットが大きいです。

当サイトでは債務整理経験が豊富で無料相談を行っている弁護士事務所を載せているので参考にしてください。

メールや電話で気軽に無料相談できるようになっているので、借金問題でな悩んでいるなら活用しましょう。

手元にお金が無くても個人再生は可能です!
個人再生は手元にお金がまったくない状況でも手続きするこが可能です。当サイトに掲載してる個人再生におすすめな弁護士事務所は、個人再生の依頼費用の支払い方法についても相談に乗ってくれるので、まずは無料相談を利用して話を聞いてみるといいと思います。
個人再生が得意な弁護士を探す!
都道府県別個人再生や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!
北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

債務整理無料相談ボタン

弁護士・司法書士の特徴から選ぶ

料金・費用安い

分割い・後払い

電話相談無料

土日祝日相談可

借金の原因や理由から選ぶ

クレジットカード

カードローン・キャッシング

母子家庭

住宅ローン

ギャンブル

無職無収入

養育費慰謝料

株取引・FX

闇金

奨学金

教育ローン

自動車ローン

家賃滞納

遅延損害金・延滞利息

医療費

公共料金

税金・社会保険料

交通事故

借入先から選ぶ

プロミス

アコム

レイクアルサ

アイフル

SMBCモビット

ジェイスコア

-初めての自己破産
-, ,

© 2020 個人再生の知恵袋【2020年最新】 Powered by AFFINGER5